病院機能評価事業 公益財団法人日本医療機能評価機構

査後

審査後の流れ

中間的な結果報告

○訪問審査より概ね6~8週間後にお送りいたします。
○この報告書では評価「C」の項目の有無をお知らせするとともに、「C」の項目がある場合は「補充的な審査」受審希望の有無をお伺いします。また、受け取った報告の記載内容に事実誤認がある場合は、受領後1ヶ月以内に「疑義の確認」をお申し出ください。
○「C」の項目がない場合はそのまま評価部会に進みます。
○補充的な審査を受審される場合は、書類審査または訪問審査 (どちらになるかは後日事務局よりご連絡します) を行った後、評価部会に進みます。

中間的な結果報告が評価「B」以上の場合
・評価部会 → 評価委員会 → 運営会議で審議後、審査結果を通知します。

中間的な結果報告で評価「C」がある場合
・中間的な結果報告提出を受領された日の翌日から1ヵ月以内に「補充的な審査」の受審をお申し出ください。
・補充的な審査を経て、評価部会 → 評価委員会 → 運営会議で審議後、審査結果を通知します。

➡ 詳細な「中間的な結果報告」受領後の手続きはこちらPDF

審査結果通知

○評価部会・評価委員会・運営会議を経て、評価結果が確定し郵送にて結果を通知します。
○認定の場合はこの通知から概ね3週間で認定証をお送りします。
○審査結果通知から約1ヶ月後に「病院機能評価 審査結果報告書」をお送りします。

※認定証と一緒に認定病院ポスターをお送りします。院内に掲示して病院機能評価に対する貴院の取り組みをアピールなさってください。
※審査結果報告書と一緒に「病院機能評価の情報提供に関するご案内」をお送りしています。当機構ホームページにおいて、病院情報や審査結果を公表し、当機構ホームページから病院ホームページへのリンクも行います。

評価結果の取り扱い

改善を必要とする事項についての再審査と確認審査

 認定を得るために必要な改善要望事項が指摘された病院は、各々の事項について改善に取り組み、その部分についての「再審査」や「確認審査」を受けることができます。
 どちらの審査も、原則としてその病院に出向いたサーベイヤーの中から必要な人数が改めて訪問して行います。審査の結果、改善が確認されれば認定証が発行されます。

○再審査は、審査結果報告書受領後、6か月以内に受審するものとされています。
○確認審査は、審査結果報告書を受領後、示された期間内に受審することとされています。  

改善審査について

 病院機能評価認定に関する運用要項 第10に基づき、平成30年4月1日以降に機能種別版評価項目3rdG:V.2.0で訪問審査を受けた病院は、主たる機能種別の審査結果報告書において評価Cとされた評価項目について、継続的な質改善活動の促進を図る目的で、認定開始日から3年目において、「改善審査」を受審するものとしております。

改善審査は期中の確認とは異なり審査を実施します。
 病院より改善の取り組み状況をご提出いただき、「訪問による審査」または「書類等による審査」を実施します。
〇改善審査の結果、改善が示された場合には「認定継続」となります。
 正当理由なく示された期間内に改善審査を受審しなかった場合、または改善がなされていない場合には「認定留保」となります。
○審査の結果は、文書にて通知をいたします。
 ➡ 「手続きのご案内」はこちらPDFからご覧いただけます。

重大な医療事故等への対応

 認定有効期間中または受審契約締結後、重大な医療事故等が発生した場合は、45日以内に「医療事故報告書」の提出いただく必要があります。

重大な法令違反等への対応

 認定有効期間中または受審契約締結後、重大な法令違反等を認知した場合には、遅滞なく報告書を提出いただく必要があります。

お問い合わせ先

 評価事業審査部 審査課
 TEL:03-5217-2321


TOP