病院機能評価事業 公益財団法人日本医療機能評価機構

業の歴史

病院機能評価事業の歴史

事業の歴史は、
横スクロールで閲覧可能です。▶︎

    病院機能評価の流れ 医療に関する法・政策の流れ
1976年
(昭和51年)
評価
日本医師会に「病院委員会」設置
 
1981年
(昭和56年)
評価
病院委員会(日本医師会)中間報告:「病院機能評価への実践的アプローチ」
わが国で初めて「病院機能評価」という言葉を使用した
 
1982年
(昭和57年)
評価
病院委員会(日本医師会)報告:「病院の管理機能評価手法の検討」
病院機能評価の調査票を試作
 
1985年
(昭和60年)
評価
厚生省(当時)と日本医師会の合同委員会として「病院機能評価に関する研究会」設置
「自己評価」方式による評価項目、評価基準、マニュアル開発を目的に活動
第1次医療法改正
地域医療計画の制度化、医療法人に関する監督規定の強化、一人医師医療法人制度の創設
1987年
(昭和62年)
評価
東京都私立病院協会青年部会による「JCAHO研究会」発足
第三者評価による評価システムを研究、実施を目的に活動
 
1989年
(平成元年)
評価
「病院機能評価マニュアル」を発刊  
1990年
(平成2年)
評価
「病院医療の質に関する研究会」発足
JCAHO研究会を継承し、中立的立場の専門家による学術的第三者評価を実施
 
1992年
(平成4年)
評価
  第2次医療法改正
「特定機能病院」「療養型病床群」の制度化、広告制度の見直し
1993年
(平成5年)
評価
厚生省(当時)に「病院機能評価基本問題検討会」設置
第三者評価による医療機能評価の実施に向けて、評価機構のあり方などについて検討
 
1995年
(平成7年)
財団
財団法人 日本医療機能評価機構 設立
1996年
(平成8年)
評価
評価項目Ver.1.0による訪問調査(運用調査)を実施  
1997年
(平成9年)
評価
評価項目Ver.2.0による訪問審査を開始
病院機能評価事業の本格稼動
第3次医療法改正
総合病院制度の廃止、「地域医療支援病院」の制度化
1999年
(平成11年)
評価
評価項目Ver.3.1による訪問審査を開始
Ver.2.0にあったアルゴリズムを廃止
 
2000年
(平成12年)
評価
  第4次医療法改正
「その他の病床」を「一般病床」と「療養病床」に区分、広告規制の緩和
2001年
(平成13年)
評価
認定シンボルマークを制定  
2002年
(平成14年)
評価
評価項目Ver.4.0による訪問審査を開始
統合版評価項目としてすべての病院に同じ評価項目を適用、医療安全に関する評価項目を体系的に組み入れたほか、ケアプロセス審査を導入
 
2005年
(平成17年)
評価機構
創立10周年
評価
評価項目Ver.5.0による訪問審査を開始
第4領域を組織評価(医療提供の組織と運営)、第5領域をケアプロセス評価(医療の質と安全のためのケアプロセス)に再編成
 
2006年
(平成18年)
評価
  第5次医療法改正
医療情報提供制度の創設、医療計画制度や医療法人制度の見直し
2007年
(平成19年)
評価
「中間的な結果報告」および「補充的な審査」を開始
受審病院への審査結果の迅速化、軽微な内容で認定留保となることを解消し、指摘された問題点への対応を円滑に実施できるよう審査手順を改定
 
2008年
(平成20年)
評価
「病院機能評価方法の見直し検討会」を設置
民間・小規模病院の受審率が低いこと、新規受審病院の減少や更新辞退病院の増加がみられるため、抜本的な対応をすべく検討を開始
 
2009年
(平成21年)
評価
評価項目Ver.6.0による訪問審査を開始
受審病院の負担軽減のため、項目を集約して評価項目を削減
 
2010年
(平成22年)
評価
認定更新時の移転・建替え等による訪問審査の特例措置の設置  
2011年
(平成23年)
財団
公益財団法人に移行
2013年
(平成25年)
評価
機能種別版評価項目 3rdG:Ver.1.0による訪問審査を開始
病院の機能特性に応じた評価、認定期間中の継続的改善活動の確認・支援を導入
 
 
評価
ISQuaの国際認定を取得
国際医療の質学会(ISQua)が実施する国際認定プログラム(IAP)を受審し、機能種別版評価項目 3rdG:Ver.1.0および機構の運営に関する組織について認定を取得
 
 
教育
医療クオリティ マネジャー養成セミナー 開始
病院の自律的かつ継続的な質改善活動を支援するために、院内の質改善活動の推進役となる人材の養成
 
 
教育
医療対話推進者養成セミナー 開始
医療者と患者・家族との円滑な対話関係を構築に向けて対話の橋渡し役となる人材を養成
※2014年度より公益社団法人日本医師会と共同開催
 
2014年
(平成26年)
支援
Improve創刊
病院機能評価を活用して質改善活動に取り組んでいる認定病院の活動事例を紹介
第6次医療法改正
病床機能報告制度の創設、地域医療構想の策定
2015年
(平成27年)
評価機構
創立20周年
評価
「次世代医療機能評価のアジェンダ」を発表
信頼される病院づくりにさらに貢献するため、「評価」「支援」「教育」を事業の柱とするアジェンダを策定
 
 
支援
Practica創刊
3rdG:Ver1.0以降に病院機能評価を受審し、「認定期間中の確認」において、病院より提出された「質改善活動報告シート」の取り組み事例を紹介
 
 
教育
医療対話推進者 認定・更新制度導入
修了者の継続的な学習の促進と質の維持・向上を目的とする
 


TOP