病院機能評価事業 公益財団法人日本医療機能評価機構

定病院患者安全推進協議会

PSP

認定病院患者安全推進協議会
 

 「認定病院患者安全推進協議会(PSP)」は、病院機能評価の認定を取得した病院の有志が主体となり、患者安全の推進を目的として2001年4月に組織化されました。
 これまで、患者安全に関して緊急性の高い課題に応じた部会等を設置し種々の検討を行うとともに、患者安全推進ジャーナルを発行するなどの活動を通じて、全国の病院における患者安全の推進に寄与してきました。

認定病院患者安全推進協議会のご案内

協議会活動の3つの特徴

1.現場目線の情報共有の場
協議会の活動は、現場に始まり現場に終わります。
病院から発信される悩みや課題のひとつひとつが、活動の始まりです。

2.全国の会員病院ネットワーク
協議会のネットワークは全国に広がっています。活動に参加することは、他の病院の取り組みを学ぶだけではなく、自院の取り組みを広くアピールするチャンスでもあります。ぜひこのネットワークを活かして、院内の医療安全活動の活性化に役立ててください。

3.日本の医療安全文化の醸成
現場の声が活動を生み、それらが日本の医療安全を動かす大きなうねりとなります。協議会はこれまでも、高濃度カリウム製剤の保管管理やCVC手技における安全確保等、日本の医療安全の文化醸成において多大な役割を果たしてきました。

協議会のことをさらに知りたい方、協議会への入会を検討されている方、
患者安全推進ジャーナルを購入なさる方は、 協議会ホームページへ

 

協議会の活動

 協議会では、アンケート調査の実施やセミナーの開催を通じて、会員病院の皆さんが日ごろの業務の中で悩んでいることや課題に感じていることを抽出し、目標やテーマを設定します。そして、会員病院から選ばれたメンバーが部会や検討会等を組織し、議論を重ね、活動成果を全国の会員病院の皆さんに「還元」します。
 それぞれの部会・検討会は現場の最前線で活躍している方々とその分野に造詣の深い有識者により構成され、現場の事情を踏まえて全国の会員病院にとって必要な情報、ツール、あるいは情報交換の場の提供を目指して議論を重ねています。
 これまでに、持参薬管理に関すること、配薬時のトラブルに関すること、転倒・転落の予防に関すること、生体情報モニターアラームの管理に関することなどをテーマに挙げ、医療安全に関わる様々な話題をタイムリーに取り上げてきました。

 
主な活動成果

○提言・指針・報告書の発信

○フォーラム・セミナーの開催、研修会の開催

○ツールの開発・提供

患者安全推進ジャーナル(年4回発行)

 


TOP