病院機能評価事業 公益財団法人日本医療機能評価機構

受審に関する様々なサポート

 当機構では、受審準備を円滑に進めていただくため、下記のようなサポートメニューをご用意しています。受審準備の状況と照らし合わせ、いつ、どのメニューを利用するかといった具体的な実施時期や予算についてご検討ください。

 各メニューの≪実施時期の目安≫を参考にスケジュールを立案し、受審準備を進めると効果的です。

 
 ○実施時期の目安: 情報収集の段階 – 訪問審査の半年前まで

  「評価項目の内容がよくわからない」「サーベイヤーはどんなところを見ているのか知りたい」という場合にご利用ください。
 病院機能評価の概要や評価項目のポイントなどをテーマに応じて解説します。
 質疑応答の時間では、病院機能評価について経験豊富な講師が質問にお答えします。
 自己評価を行ってから参加されるとなおよいでしょう。

▼料金 (税込み):おひとり 5,000円

 
 
 ○実施時期の目安: 受審の概ね1年半 – 1年前
 ○申込時期:ご利用希望月の2ヶ月前まで

 「病院機能評価の概要を説明して欲しい」という場合にご利用ください。当機構職員が病院に伺い、病院機能評価の概要や評価項目の考え方等について、1 – 2時間程度講演します。

▼料金 (税別):60,000円
(加えて、現地までの旅費(往復交通費・宿泊費等)を当機構の規定に基づき申し受けます。)

 
 
 ○申込時期:ご利用希望月の4ヶ月前まで

 重要な項目や自己評価で明らかになった課題についてアドバイスや相談に応じます。「実際の現場を見てアドバイスして欲しい」「受審前に最終確認をしたい」という場合にご利用ください。

»サーベイヤー1名
原則、特定の活動や課題への助言を重視した支援を行います

 

 

»サーベイヤー3名
原則、院内の活動全体への助言を重視した支援を行います(旧訪問受審支援)

 

※受審申込み数に上限があるため、お申し込みの際は
 評価事業推進部(TEL:03-5217-2326)までお問い合わせください。

 
 ○対象:再審査・確認審査を受審する病院

訪問審査後、主に改善事項等の個別に相談したい場合にご利用ください。
当機構の会議室でサーベイヤーが相談に応じます。相談日を調整できる他、報告書を作成します。

▼料金 (税別):1回30,000円 (1時間)

 
 
お問い合わせ先

 評価事業推進部 病院支援課
 TEL:03-5217-2326


TOP