病院機能評価事業 公益財団法人日本医療機能評価機構

知らせ

【参加病院募集】「医療安全文化調査 活用支援プログラム」を開始します。

【掲載日】2020年02月12日(水)

お知らせ

 病院機能評価事業では、「組織への支援」の新たなメニューとして、医療安全文化を定量的に測定する指標の一つである医療安全文化調査を活用した医療安全の推進および質改善の取り組みを支援する、「医療安全文化調査 活用支援プログラム」を行うこととなりました。現在、参加病院を募集しています。

〇医療安全文化とは
 医療安全文化とは、「医療に従事する全ての職員が、患者さんの安全を最優先に考え、その実現を目指す態度や考え方およびそれを可能にする組織のあり方」と定義されています。医療機関が良好な医療安全文化を醸成すると、医療チームの能力が高まり、コミュニケーションエラーが減り、医療の質が高まること等が報告されています。医療安全文化調査を用いて、医療安全文化を定量的に測定することで、病院の課題を把握するとともに良好な医療安全文化の醸成に必要な対策を検討するために、ぜひご活用ください。

〇本プログラムの内容
 評価機構より以下4点をご提供いたします。
 ①調査システムの提供
 ②ベンチマークデータの提供
 ③活動共有の場の提供
 ④活用事例の共有

※詳細は、こちらをご覧ください。

〇年間スケジュール(予定)
 ※スケジュールは変更となる場合もございます。

時期

内容

2020年2月14日(金)

2020年度参加申し込み開始

4月~

調査可能期間
※年間通じて、システムにていつでも利用可能

7月~10月

ベンチマーク期間

11月

ベンチマーク結果の公開

2021年1月

活用支援セミナー


〇参加費
 本プログラムの参加費は以下の通りです。
 ※参加費は年度単位(4月~翌年3)です。

通常料金 認定病院・受審申込済み病院
年間120,000円(税別) 年間80,000円(税別)


実施規約PDF

調査票の見本PDF

〇お問い合わせ先
 評価事業推進部 企画課
 TEL03-5217-2326
 Mail:jq-anzenbunka@jcqhc.or.jp

プログラム参加申し込み
キックオフセミナーのWeb配信 視聴申し込み

・2019年7月25日(木)に開催したセミナーのWeb配信となります。

報告セミナーのWeb配信 視聴申し込み

・2020年2月14日(金)に開催したセミナーのWeb配信となります。


TOP