病院機能評価事業 公益財団法人日本医療機能評価機構

療クオリティ マネジャー養成セミナー

QM

医療クオリティ マネジャー養成セミナー
 

〔病院のミドルマネジャーや医療の質管理の実務責任者の皆様へ〕

 本セミナーでは、病院のミドルマネジャーに求められる資質の向上と病院の質改善に必要な知識・スキル・実践力の習得を目指します。

医療クオリティ マネジャーとは

 限られた資源の中で患者・職員にとって最適な医療を実現するために、病院の課題を「見える化」し、目標に向かって改善策を立案・実践できる人材のことです。病院の質について常に問題意識を持ち、多角的な視点から現状についてモニタリング・評価し分析を行い、組織横断的に質の向上に向けて病院職員を巻き込みながら改善活動のPDCAサイクルを回します。また、病院機能評価やその他質評価事業、学会など質に関する取り組みに積極的に参加し、様々な情報・知識・スキルを習得し、さらなる病院の質向上への原動力となり活躍します。

〔医療クオリティ マネジャーの3つのスキル〕

① 医療の質を評価・分析・判断できる幅広い知識
医療の質を総合的に評価・分析するための幅広い知識、多角的な視点を持っている。

② 病院の課題発見・分析スキル
社会調査や医療統計などに基づくデータ分析手法や、業務プロセスを可視化する手法などを用いて客観的に自院の課題を発見・分析できる。

③ 質改善活動を推進するマネジメントスキル
組織横断的な質改善活動を効果的かつ効率的に推進することができる。

医療クオリティ マネジャー養成セミナー概要

 本セミナーは、病院に勤務されている方々を対象に、病院の質改善に必要な知識・スキルを習得し、病院内で実践していただくことを目的にしています。「時間や場所を選ばず学べる」というWeb開催の利便性を最大限活かした二部構成です。
 前期のプログラムでは、幅広い分野の講師陣から質改善の基礎となる知識・スキルを中心にした講義の動画を視聴し、その後のWebセミナーで講師との質疑応答や気づきの共有により学びを深めていきます。
 後期のプログラムでは、質改善の実践力を高めることを目的に、Webでのグループワークを通して多職種で協働する体験をしていただきます。受講者相互間の活発な情報交換と議論を通してセミナー修了後は、院内の質改善の推進役となって活躍していただくことを期待しています。

〔セミナーのねらい〕

1. 医療の質を評価し、改善するために必要な知識・視点・分析スキルを身につける。

2. 質改善活動を推進するためのリーダーシップやリーダーシップやファシリテーションスキルを身につける。

3. 効果的かつ効率的に改善活動を進めるための立案力やマネジメントスキルを身につける。

4. 医療クオリティ マネジャーとしての役割、院内での質改善活動の実践イメージを明確にする。


概要を動画でご紹介しています。是非ご覧ください。



〔 開 催 〕

年3回(前期・後期)
※前期・後期セットでの申し込みとなります。

〔 対象者 〕

病院における医療の質管理の実務責任者、またはそれに準ずる方(それを目指す方)※職種・職位は問いません。

〔 形 式 〕

・講義動画[オンデマンド]
・Webセミナー[Zoomミーティング(グループワーク含)]

〔 定 員 〕

各回 60名

〔 参加費 〕

病院機能評価認定病院、又は受審申請済み病院にご所属の方 : 132,000円(税込み)

上記以外の医療機関にご所属の方             : 198,000円(税込み)

 

 
 

医療クオリティ マネジャー認定・更新制度

 2019年度より、医療クオリティ マネジャー養成セミナー修了者が実際に院内で質改善活動を実施・推進していることを評価するとともに、継続的な学習支援を行うことを目的に“医療クオリティ マネジャー認定・更新制度”の運用を行っています。

 

 
 

継続的な学びの場

継続研修

 医療クオリティマネジャー養成セミナー修了者を対象に、より実践的に学ぶためのプログラムを提供しています。さらに、クオリティマネジャー同士の活動・抱えている課題等の情報共有(交流)の場を提供するなど、実際の医療現場で役立つ様々なプログラムを検討し、開催しています。

 
 

eラーニングサイト

 セミナーの効果的な受講と修了後の継続的な学習のために、eラーニングによる学習支援を行っています。病院内や自宅でも学習でき、継続的に学習することができます。また、当機構で行う各種セミナーなど、病院の質改善活動と参考になる情報を適宜ご案内いたします。

●「医療の質に関する基礎学習の場」
●「医療の質に関する情報収集の場」
●「医療クオリティ マネジャーの活動・情報共有の場」


TOP