病院機能評価事業 公益財団法人日本医療機能評価機構

育研修の概要

教育研修の全体像

 「医療の質」の向上のために、また、医療施設における継続的な質改善活動を実現するためには、その組織に所属する個人が必要な能力を身につけ発揮することが欠かせません。

 評価機構では、病院機能評価・組織全体への支援のみならず、個の医療者が、必要や責任に応じて適切な教育プログラムを選択でき、かつ、それぞれの環境や立場おいて十分に役割を果たすことができるよう「個への教育」のための体制整備を進めています。

 現在は、病院の中間層(ミドルマネジャー層)や現場職員を対象に、院内の質改善活動を推進するための「医療クオリティ マネジャー」と、患者・家族と医療者との橋渡し役となる「医療対話推進者」の養成を行っています。

 今後、医療安全管理者等を対象とした医療安全アドバンスコース、および、副院長等を対象とした病院管理者向けのセミナーの新設を予定しています。

 


TOP