病院機能評価事業 公益財団法人日本医療機能評価機構

審関連資料

このページでご覧いただける資料

1)受審に関する資料
2)認定期間中の確認(期中の確認)に関する資料
3)過去の評価項目

 

1)受審に関する資料

病院機能評価に関する資料の一覧です。ご活用いただき、受審準備を進めてください。

 

機能種別版評価項目<3rdG:Ver2.0>
・自己評価調査票・C評価となりうる状況(例)

 

  評価項目 自己評価調査票 C評価と
なりうる状況(例)
一般病院1
一般病院2
一般病院3
リハビリテーション病院
慢性期病院
精神科病院
緩和ケア病院
➡ 各機能種別の詳細はこちら
 

評価・判定の考え方

» 評価・判定の考え方PDF

 

書面審査調査票

<現況調査票>
» 施設基本票PDF
» 部門別調査票PDF
» 診療機能調査票PDF
» 経営調査票PDF
» 書面審査サマリー(解説用)PDF

 
Ⅰ.訪問審査まで
  一般病院3以外 一般病院3
病院機能評価の流れ
訪問審査当日の進行表
訪問審査の日程調整について
事前提出書類について
訪問審査でご準備いただきたい書類一覧
Ⅱ.訪問審査当日~終了後
  一般病院3以外 一般病院3
訪問審査当日の進行に関するご案内(ケアプロセス病棟訪問等)
訪問審査に関する注意点とお願い
「中間的な結果報告」受領後の手続きについて
 

高度・専門機能 評価項目

機能名 評価項目 説明
救急医療・災害時の医療 地域において高次救急機能を担う病院で、以下のいずれかを満たす病院。
(1)三次救急を担う病院
(2)上記に準ずる病院
リハビリテーション (回復期) 地域において高い水準の回復期リハビリテーション機能を担う病院で、以下の(1)~(4)のすべてを満たす病院
(1) 主たる機能種別または副機能にて「リハビリテーション病院」を受審していること。
(2) 回復期リハビリテーションを継続的に行うための適切な体制が整っていること。(受審申込時点での診療報酬(回復期リハビリテーション病棟入院料)の上位区分で規定される施設基準を参考とする)
(3) 常勤の「公益社団法人日本リハビリテーション医学会 リハビリテーション科専門医」が回復期リハビリテーション病棟において、主治医または担当医として従事していること。
(4) 回復期リハビリテーション病棟におけるリハビリテーション提供単位数が1日当たり平均6単位以上であること。
 

その他

» 病院機能評価認定に関する運用要項PDF
» 病院機能評価における医療安全に関する基本方針PDF
» 運用要項に基づく医療事故報告についてPDF
» 更改審査実施要領PDF
» 病院機能評価認定シンボルマークに関する取扱い規程PDF
» 受審スケジュールサンプル_一般病院3以外Excel
» 価格表PDF

 

2)認定期間中の確認(期中の確認)に関する資料

» 期中の確認 実施のご案内(第3版)PDF
» 提出書類のサンプル(書面提出の6か月前に病院個別の内容をご案内いたします)
(サンプル)様式1_自己評価実施シートPDF
(サンプル)様式2_質改善活動報告シートPDF
(サンプル)様式3_訪問による確認申込用紙PDF

 

3)過去の評価項目

過去の評価項目はこちら


TOP