病院機能評価事業 公益財団法人日本医療機能評価機構

加機能評価

付加機能評価について

 

評価項目とお申込要件(付加機能)

 救急医療機能、リハビリテーション機能(回復期)に特化した項目について、本体審査の実施後に訪問審査を行います。
 審査日数は1日で、救急医療機能は2名、リハビリテーション機能(回復期)は3名のサーベイヤーが病院を訪問します。
 お申込には、個別に用件が設定されております。

  要件 お申込
救急医療機能 PDF 地域における高次救急(三次救急医療、もしくはそれに準ずる救急医療) を担うことを役割としている病院 お申込はこちら
リハビリテーション機能
 (回復期)
PDF 本体審査の主たる機能種別または副機能にて「機能種別 リハビリテーション病院」を受審した病院で、回復期リハビリテーション病棟入院料の施設基準を取得している病院 お申込はこちら
 

救急医療機能

救急医療機能の評価対象領域
Em.1 病院組織の運営と地域における役割
Em.2 患者の権利と医療の質および安全の確保
Em.3 療養環境と患者サービス
Em.4 医療提供の組織と運営
Em.5 医療の質と安全のためのケアプロセス
Em.6 病院運営管理の合理性
 
救急医療機能の評価項目の構成

 

リハビリテーション機能(回復期)

リハビリテーション機能(回復期)の評価対象領域

 
リハビリテーション機能(回復期)の評価項目の構成

 

付加機能評価の認定証について

付加機能評価の認定証は、シルバーを主体としたデザインです。


TOP